えんfunding

不動産投資
クラウドファンディングとは

不動産投資クラウドファンディングとは、不動産特定共同事業および電子取引業務の認可を受けた事業者だけが提供できる新しいスタイルの不動産投資です。
事業者はインターネットを通じて、不動産事業を運営するファンドへの出資を投資家へ募ります。そして、集まった資金を用いて不動産投資を行い、その利益(損益)をシェアするという仕組みです。
投資家にとって、1口1万円という少額から手軽に始められ、不動産投資をより身近に体験できる点も魅力です。

不動産投資クラウドファンディングのスキーム

不動産投資クラウドファンディングのスキーム 不動産投資クラウドファンディングのスキーム

不動産投資クラウドファンディングのメリット・デメリット

メリット
出資は小口で募集され、1口1万円から少額で始められます。運用期間中の運営費や、会員維持費なども発生しません
運用状況などはお持ちのスマートフォンから確認でき、操作も簡単。不動産投資における専門的な知識やノウハウがなくてもお取り組みいただけます
デメリット
ファンドへ出資いただいた後、そのファンドの運用期間が終了するまでの間は、原則途中で解約や売却ができません。
出資金は元本保証されません。ファンドの運用状況によって出資いただいた元本は毀損する場合があります。※優先劣後システムを採用する事により対策を講じています。

えんfundingとは

リスクは抑えて、不動産による資産形成を体験。

Experience

リスクを抑えて
不動産による資産形成を体験

不動産投資クラウドファンディングは、不動産に関する専門的な知識やノウハウがなくても気軽にお取り組みいただける点が特徴ですが、えんfundingならまるで実際の不動産オーナーのような体験レポートが提供されるため、不動産投資への知識やノウハウを得ることができます。

物件は厳選された人気のデザイナーズマンション

Excellence

物件はプロが厳選する
人気のデザイナーズマンション

えんfundingのファンド案件は、賃貸市場でも人気のデザイナーズマンションを対象としています。入居者様を大切にしているかどうかという点に目を配り、投資家様が「自分でも住みたいくらい」と感じていただけるような物件選びを心がけております。

創業30年を迎えた総合不動産グループとしての信頼と実績。

Essence

創業30年を迎えた
総合不動産デベロッパー
株式会社えんホールディングスの信頼と実績

ファンドを運営するのは30年の実績を持つえんホールディングスグループ。ファンドの企画や物件の管理など、不動産の運用における重要なポイントを見定め、確かな経験を基にグループ一丸となってお客様の運用をサポートします。

優先劣後システムによる
リスクの低減

物件の運用期間中や売却時に損失が発生した場合は「優先劣後システム」により
劣後出資割合分までの損失は劣後出資者である当社が負担します。

※ファンドによりスキームは異なりますので、各ファンドの詳細情報をご確認ください。

「優先劣後システム」とは?

優先劣後システムとは、出資いただいたお客様を「優先出資者」、事業者である当社を「劣後出資者」と定め、元本の償還および分配金の支払いを優先出資者から優先的に行い、優先出資者の元本および分配金の安全性を高める仕組みです。

運用期間中における空室や修繕費の発生などによりファンドの収益が減少した場合であっても、まず劣後出資者の分配金から引き下げるため、収益の減少が一定割合を超えない限り優先出資者の分配金に影響はありません。

また、物件売却時に売却価格が出資総額を下回った場合においても、発生した損失が劣後出資割合の範囲内であれば、優先出資者へ償還される元本に影響がない仕組みとなっております。

「優先劣後システム」とは?

New Member Registrationえんfundingで
不動産投資はじめよう。

会員登録はこちら