えんfunding

会員登録は
こちら

不動産クラウドファンディングの利回りってどれくらい?

2022.06.10

コラム記事11のメイン画像 不動産クラウドファンディング

「不動産クラウドファンディングに興味はあるけど、なんだか難しそう……」と思っていませんか?不動産クラウドファンディングは、一般的な不動産投資よりも低リスクになるようにつくられた投資です。 この記事では、不動産クラウドファンディングの仕組みや利回り、リスクについて解説します。


この記事の目次

不動産クラウドファンディングの利回り(分配率)ってどれくらい?


不動産クラウドファンディングのリスクは高い?


そもそも不動産クラウドファンディングの仕組みとは?


不動産クラウドファンディングの利回りは他と比べてどうなの?


普通預金


株式投資


不動産クラウドファンディングの利回り(分配率)は4〜5%程度が多い


不動産クラウドファンディングなら「えんfunding」


1口1万円から始められる


​​優先劣後システムを採用


総合不動産デベロッパーが運用するため安心


不動産クラウドファンディングの利回り(分配率)ってどれくらい?

不動産クラウドファンディングの利回り(分配率)は、平均で4〜5%程度です。

利用するサービスや投資するファンドによっても異なりますが、4〜5%を1つの目安にするとよいでしょう。

 

えんfundingのファンドの予定分配率は、4〜9%(2022年3月時点)です。

過去にえんfundingで実施したファンドの予定分配率は、「えんfunding 第4号ファンド【大手門】」が6.9%、「えんfunding 第9号ファンド【平尾】」が5%となっています。

 

予定分配率とは、投資額に対する収益の見込み(年利)で、実際に収益を保証するものではありません。

 

予定利回りや分配率は、あくまでも目安ということを理解しておきましょう。

 

 

不動産クラウドファンディングのリスクは高い?

不動産クラウドファンディングは比較的低リスクの投資です。

優先劣後システムを採用している不動産クラウドファンディングが多く、元本割れのリスクを下げ、分配金の安定性を高められます。優先劣後システムとは、出資する投資家を優先出資者とし、事業者を劣後出資者とするため、元本の償還と分配金の支払いは優先出資者から行われます。

 

しかし、不動産クラウドファンディングも投資の一種のため、リスクは0ではありません。

 

不動産を個人で所有しようとすると多額の資金が必要になりますが、不動産クラウドファンディングなら1万円からの事業者が多く、少額から不動産への投資が可能です。

 

不動産クラウドファンディングで投資できる不動産はマンションやホテル、学校、商業施設と様々あります。

 

マンションなどの居住用不動産は利回りが安定しやすいので、低リスクで投資がしたい場合は、居住用不動産がおすすめです。

 

 

そもそも不動産クラウドファンディングの仕組みとは?

不動産クラウドファンディングは、事業者がクラウドファンディングで投資家から資金を募り、その資金で不動産を購入、運営するという仕組みです。

不動産で得た利益(売却益や家賃収入)の一部は出資した投資家に分配されます。

 

不動産の運用や管理は、事業者が行うため投資家は投資すれば、自分たちでやることは基本的にありません。

 

 

不動産クラウドファンディングの利回りは他と比べてどうなの?

不動産クラウドファンディングは低リスクな投資の一種ですが、利回りは他と比べてどうなのでしょうか?

身近な普通預金と株式投資を例にご紹介します。

 

普通預金

普通預金の金利は0.001%です。普通預金とは、銀行の普通預金口座に預けているお金のことで、一般的には貯金と言われるものです。ちなみに、銀行に預けるのが預金で、郵便局に預けるのが貯金です。

元本が保証されていて、リスクがないため、一時的にお金を預けておく場所としては便利です。

しかし、金利はかなり低いため、お金を増やしたいという目的で預けておく場所としては適していません。

 

株式投資

株式投資の平均利回り(加重平均利回り)は2.00 %(東証一部上場企業・2022年2月)です。

株式投資とは、上場株式に投資することによって、決算のタイミングで企業に利益が出ていれば配当金が受け取れるものもあります。

また、株価は変動するため、株価が上昇すれば値上がり益が得られ、下落すれば元本割れをするというシステムです。

 

株式投資の平均利回りは2%となっていますが、銘柄によって利回りの差は大きいです。

また短期投資なのか長期投資なのかによっても、リスクや得られる利益は異なります。

 

 

不動産クラウドファンディングの利回り(分配率)は4〜5%程度が多い

不動産クラウドファンディングの多くは、利回り(分配率)は、平均で4〜5%程度です

利用するサービスや投資する不動産の種類によっても、利回りは変化します。

えんfundingのファンドの予定分配率は、4〜9%(2022年3月時点)です。

 

不動産クラウドファンディングは少し難しそうにも感じますが、しっかりと仕組みを理解しておけば比較的低リスクでできる投資の種類です。

少額から始められる投資なので、メリットやデメリットなども理解した上で、まずは「えんfunding」へ新規会員登録してみませんか?

 

 

不動産クラウドファンディングなら「えんfunding」

不動産クラウドファンディングなら、福岡市エリア特化の不動産投資クラウドファンディング「えんfunding」がおすすめです!

 

1口1万円から始められる

1口1万円という低予算から投資が始められるため、投資初心者の方でも始めやすいのが特徴です。また、運用期間中の運営費や会員維持費なども発生しないため、投資を始めるハードルが低くなっています。 

 

​​優先劣後システムを採用

えんfundingでは優先劣後システムを採用しています。

優先劣後システムとは、出資する投資家を優先出資者とし、事業者を劣後出資者としています。

 

そのため、元本の償還と分配金の支払いは優先出資者から行われます。

つまり、運用期間に収益の減少があっても、一定額までは優先出資者の分配金には影響しません。

 

優先出資者の元本割れリスクを下げたり、分配金の安全性を高めたりする投資家にとってはメリットの大きい仕組みです。

 

総合不動産デベロッパーが運用するため安心

ファンドを運用するのは、創業30年の株式会社えんホールディングスです。

株式会社えんホールディングスは、総合不動産デベロッパーなので、専門知識が豊富で安心して運用をまかせられるでしょう。

 

 

 
この記事をシェア

New Member Registrationえんfundingで
不動産投資はじめよう。

会員登録はこちら